2018年04月19日

人は見た目に騙される〈ZOZOSUIT〉

 ZOZOSUITが話題だが、冷静に考えればこれは必要ない。体の採寸ならメジャーでできるからだ。

 1人暮らしで測りにくいなら、どこかの店で測るサービスを提供すればいい。
 大人になると体の寸法は大きくは変わらないから、測り直すのは数年おきでいい。中年になると腹囲が変わりやすいが、これは自分で測れる。:;(∩´﹏`∩);:
 ZOZOSUITは8ヶ月待ちだそうだが、メジャーなら10分程度で終わる。
 わざわざあんなハイテクスーツを使う必要はない。滅多に使わず、タンスの肥やしになるだけだ。

 ハイテクなだけあって、誤差もあるようだ。
 「ゾゾスーツ」到着、試してみた 手動採寸と誤差も
 本当に体にぴったり合った服を買いたいなら、なおさらメジャーで測った方がいいわけだ。

 しかし誰もこのことを指摘せず、すごいすごいと騒ぐばかり。
 これはZOZOSUITの見た目のインパクトが大きかったからだ。見た目に騙され、お祭りモードに突入したわけだ。「こんなのメジャーでいいじゃん」と言っても無視される。お祭り気分に水を差すなということだ。

 本当に画期的なのは、ZOZOSUITではなく、体の寸法に合わせてオーダーメイドの廉価な服を販売する仕組みの方だ(本当に廉価ならの話だが)。今までは高級な服だけの仕組みだったものを広げるわけだから。

 こうした虚業は、人々が祭りから醒めると廃れていくものだが(「セカンドライフ」のように)、ZOZOSUITがそうなるのはいつだろうか。

posted by 葛 at 20:42 | Comment(0) | 語ってみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]