2018年03月28日

[自炊] eTilTranで傾きを補正する

 スキャンした画像は少し傾いているので、これを補正する。

 Windows には eTilTran という傾きを補正するフリーソフトが公開されているので、これを使わせてもらう。

簡単な使用手順

・[ツール>設定>傾き検出]で傾きを検出する角度を設定する。0〜1くらいでいいと思う。
・文字の本の場合、ノンブル(ページ数)の位置を確認する
・画像ファイルをドロップする(どれか1枚ドロップすればフォルダ内の画像がすべて読み込まれる)
・小説かコミックか、小説ならノンブルの位置を指定する
・自動的に傾き補正が行われる
・以下の点があるページは正しく補正できていない可能性があるので、確認していく
  - 「種別」が不明、「縦書・横書」の認識が間違っている所
  - 「計測」が「不明」になっている所
  - 「補正」が濃い青になっている(自動補正で大きく傾いた)所……傾き認識が誤った可能性がある

−−

 文字のみのページは、ほぼ確実に自動補正のみで済む。
 文字と図のあるページ・漫画のページは、自動補正だけではうまく補正できないことがある。漫画は、そもそも枠線がちゃんと直角・平行に引かれていないことも多い。

 手動で補正するときは、マウスのホイールで画像を回転させる。
 このとき画像がボケることがあるが、これはプレビューの画像がこうなっているだけで、出力すればくっきりする。

出力

 グレースケール画像は8bit、カラー画像は24bitにする。

 BMPで出力する。このファイルは作業が終わったら消すので、別にサイズを節約しなくてもいい。
 ちなみにPNGにした場合の出力時間は、8bitだとBMPと変わらなかったが、24bitだと2倍弱延びた(OSによって違うかもしれない)

 出力先は、デフォルトでは画像ファイルと同じフォルダに「!変換データ」というフォルダを作りそこに出力する。
 この画像は中間ファイルなため後に削除するが、スキャンした画像はバックアップのために保存しておくので、この「!変換データ」は上の階層に移動させておくといい。

重大バグ

 Windows7 で、eTilTran にグレースケールJPEG・グレースケールTIFF(8bit)を読み込むと、4bitに減色される。GDI+とかのバグらしい。
 なので、グレー(白黒)画像はスキャン時にBMPにしておかないといけない。

 モアレ除去のために約600dpiのJPEGでスキャンしたグレー画像は、先に XnConvert でモアレ除去・約300dpiに縮小し(やり方は後の記事で書く)、BMPで保存し、eTilTran に読み込む。

余談

 今のところ、傾きをまともに補正できるソフトは eTilTran しか見当たらない。もう開発が止まっているし、これが使えなくなったらとても困る。
 こういうソフトはスキャナにつけるべきだと思うのだが、DR-C240付属の傾き補正ソフトは機能不足でまともに使えない。

posted by 葛 at 23:26 | Comment(0) | 自炊(電子書籍)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]