2018年01月13日

ノーシンの散剤(粉)がひどい

 痛み止めのノーシンの散剤(粉)を買ったらひどかった。

密封されていない

 一袋ずつ密封されているのかと思ったら、紙に包んであるだけ。

 それが簡単なチャックのついた袋にまとめて入っている。

 気密性が高いとは思えず、説明書にもこう書いてある。

 「なるべく早く」ってどれくらいだよ。
 それにこれはおかしな話で、痛み止めは痛いときにのみ使う薬だ。必要がないのに飲んではいけない。副作用があるからだウィキペ。説明書にもこう書いてある。

 さっき書いてたことと矛盾しとるやないか!

 こんな大事なこと、パッケージの裏に書いてあれば買う前に気づいたのだが。

 ↑書いていない。

咳が出る

 これは個人的なことではあるが、粉を飲んだら咳が出て止まらない上に、体が痛いやら痰が出るやらゲップが止まらないやらでグダグダに。
 痛みのある人は風邪などで喉が弱っていることも多いだろうから、咳が出やすいのではないか。

なぜノーシンを買ったか

 (以下の情報は、病院で医師に聞いた話とネット上の情報を総合したものです)

 痛み止めの成分は主にロキソプロフェン(ロキソニンなど)・イブプロフェン(イブA錠など)・アセチルサリチル酸(アスピリン・バファリンなど)などがあるが、これらは効果が強い代わりに副作用も強い。
 特に今自分が飲んでいる薬と併用すると腎臓に負担がかかる* ため、なるべく飲まないようにと医師に言われている。

 そんな中、アセトアミノフェンは効果が弱いが副作用も弱い。
 アセトアミノフェンのみで作られている痛み止めはタイレノールAなのだが、これはさすがに効果が弱すぎて、軽い痛みにしか効かなかった。

 そこでアセトアミノフェンと他の成分を合わせることで、副作用が弱いまま効果を強めるACE処方というものがある。それがノーシン。
 ノーシンは錠剤と散剤があり、散剤の方が使用量あたりの価格が安いのが疑問だったのだが、こんな落とし穴があった。

*: 健常な人が痛み止めのみを飲んでも、腎臓に少し負担がかかる。腎臓は血液を濾過する。腎臓には寿命があり、機能が低下すると元に戻らない。腎臓病になると一生、食事療法や透析をすることになる。

錠剤は密閉されていた

 後日、錠剤のノーシンを買ったら、こちらは1錠ずつ密閉されていた。

posted by 葛 at 21:17 | Comment(0) | 語ってみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]