2018年01月09日

本の解体の手順

 本を解体するための主な道具

 ・大型カッター
 ・カッターマット
 ・断裁・裁断機

解体の手順

 1. 中表紙を引っ張って背の部分を剥がす
 2. 断裁・裁断機に入る所定の枚数ごとにカッターで本を分割する*1
 3. 背の接着剤の部分を切り落とすように断裁・裁断する
 4. 接着剤が残っていないか、パラパラとめくって確認する*2

*1: 例えば60枚までの場合、60ページごとではなく120ページごとなので注意。また文庫・新書は紙が薄いが、それより大きい本は紙が厚いことが多いようなので、少なめにする必要がある
*2: しおりが挟まっているとそのままスキャンしてしまい気づきにくいので、それも確認する

背から何mmで断裁・裁断するか

 断裁・裁断するとき、背から何mmの部分を切ればいいか。

 経験上、5mmで切れば接着剤はほとんど残らない*
 文字のみの本であれば余白が広いので、5mmで切っても文字まで切れることはない。

 しかし漫画や画集などは、紙の端まで絵が印刷されていることが多いため、5mmで切ると絵が切れてしまうことがある。この場合、以下の2つの方法がある。

 〔A. 3mmで切る〕
 3mmで切ると一応紙はバラけるが、高確率で接着剤が残る。紙同士がくっついていないか、念入りに調べる必要がある。
 本によってはこれでも絵が切れる。

 〔B. 断裁・裁断機は使わず、紙を1枚ずつバラす〕
 1枚ずつバラすには、接着剤のみをどうにかして落とさないといけない。
 自炊技術Wiki によるとアイロンで溶けるものもあるらしいが、ある本で試したら溶けなかった。
 ヤスリで削ると強い力が加わるため本が曲がってしまうし、なかなか削れないし、粉が出るしでうまくいかない。カンナで削ると背がガタガタになってしまう。ガタガタになるということは紙まで削れているということで、少し絵が切れてしまう。
 結局、うまい方法は見つかっていない。1ページずつ開いてカッターで切るのがいいかもしれない。

 ちなみに漫画は、巻によって余白の距離が違うことがある。
 1巻は5mmで切っても絵が切れなかったが、2巻は絵が切れた、ということもあるので注意。

*: 最初と最後の方のページは接着剤が多めについていて、残りやすい

カッターの選び方

 どの家庭にもある文具用のカッター(オルファでいう小型刃ではなく、工具用の大型カッター(オルファでいう大型刃がいい。本の背の接着剤を力を込めて切るには工具用の方が向いている。文具用は、力を入れずに紙をスーッと切るためのもののようだ。

 刃を固定する方法にネジロック式とオートロック式があるが、ネジロック式の方がしっかり固定できるので、そちらがいいと思う。
 オルファの大型刃のカッターはやたら種類がたくさんあってわけがわからないのだが、たぶんどれを選んでも大差ないと思う。形状が大体同じなので。

posted by 葛 at 19:50 | Comment(0) | 自炊(電子書籍)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]