2017年09月02日

[自炊] 高価な断裁機がいいとは限らない

 断裁・裁断機* に関する情報は、自炊技術Wikiを含めたくさんあるが、注意が必要なのは、高価な製品がいいとは限らないこと。

*: 「断裁」は紙をギロチンみたいに裁ち切ること、「裁断」は刃を引いてスーッと切ること、のようだ。

高価な断裁機

 高価な製品とは Durodex 200DX などの、レバーを下ろすタイプの断裁機。これは一度に多くの枚数を断裁できるが、

 ・大きい、重い。置き場所に困る
 ・替え刃などの消耗品も高価
 ・刃に触れられるので危険
 ・断裁するのに力が必要
 ・紙に強い力を加えるため、切り口が斜めやUの字に歪む
 ・紙が歪むため、紙の端スレスレを切るのが難しい

 という欠点もある。

 興味深いのが「2人以上で作業しないでください」という注意書きがあること。2人以上だと相手が予期せぬ動きをすることがあるため、相手が刃の付近に触れているときに誤ってレバーを下ろしてしまう危険性があるということだ。危険な作業は1人でやった方がいいわけだ。

 ということで、特に子供のいる環境では、レバー式の断裁機の導入には慎重になった方がいい。

安価な裁断機

 安価な製品だと、カール DC-F5100 のようなディスクカッターになる。一度に裁断できる枚数は減るが、

 ・小さい、軽い。置き場所に困らない
 ・替え刃などの消耗品が安い
 ・刃に触れられないので安全
 ・力が必要ない
 ・切り口が歪まない
 ・紙の端スレスレを切るのが容易

 という利点がある。

 お金が有り余っているからといって、必ずしもレバーを下ろすタイプの断裁機を買うことはない。

posted by 葛 at 19:33 | Comment(0) | 自炊(電子書籍)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]