2017年08月19日

[自炊] JPEGの圧縮率はいくつにするべきか

 〔約1400文字|読了の目安:2.8分〕

 書物をスキャンした画像はJPEGで保存する。PDFで保存するスキャナーもあるが、内部はJPEGなので同じことだ。PNGだと可逆圧縮なので画像が劣化しないが、ファイルサイズが増えるし処理時間もかかる。

 JPEGの圧縮率はソフトによって指定方法が違うので、これだ、と明確に指定できない。また圧縮アルゴリズムも複数あるようで、ソフトが異なると、同じファイルサイズだからといって同じ画質になるとは限らない。

代表的なソフトでの圧縮率の指定方法

  画質:低〜高
Photoshop 0〜12
GIMP 0〜100
XnConvert* 0〜100

*: 複数の画像を一度にレベル補正、トリミングなどの処理をするソフト。スキャン後に使用する。

Photoshopでの画質とファイルサイズの比較

↓画質の比較

↓ファイルサイズの比較(文章)*1

無圧縮 100%
PNG 14%
JPEG 10 15%
JPEG 8 10%
JPEG 5 8%
JPEG 0 5%

↓ファイルサイズの比較(漫画)*2

無圧縮 100%
PNG 36%
JPEG 10 29%
JPEG 8 21%
JPEG 5 15%
JPEG 0 9%

*1: 文章のみの1ページを圧縮して比較。無圧縮を100として比率を計算。
*2: 漫画の1ページを圧縮して比較。

 文章のみのページでPNGの圧縮率が高いが、これはPNGはベタ塗りの画像が得意なため。余白が多いので圧縮率が高くなっている。漫画は画像が複雑なので圧縮率が落ちる。
 文章のみの本ならPNGでもいいが、PNGは圧縮/展開に時間がかかる。文字の周囲に多少ノイズが出ても読むには支障ないので、JPEGでいいと思う。

 参考:[AfterEffects] 画像形式による保存速度、圧縮率の比較

 とはいえ文字の周囲にあまりノイズが出るとOCRに支障が出る。ファイルサイズとノイズのちょうどいい点を探ると、通常は圧縮率8、画集など大事な画像は圧縮率10というところではないだろうか。

Photoshopと他のソフトの圧縮率の比較

 Photoshopと他のソフトで、ファイルサイズと画質が大体同じになる圧縮率の値はこの辺。

通常 高画質
Photoshop 8 10
GIMP 85 93
XnConvert 80 95

 ソフトによってJPEG圧縮のアルゴリズムが違い、XnConvertは、Photoshopに比べると少し画質が落ちる。

 JPEGの保存オプションにある「最適化」という項目をオンにすると、画質は変わらずファイルサイズが少し減る。それ以外のオプションは使う必要はないと思う。

本1冊のファイルサイズ

 解像度300dpi、圧縮率をPhotoshopの8相当で自炊した場合、本1冊のファイルサイズを平均すると、これくらいになる。

文庫本(小説) 約54MB
少年ジャンプ単行本 約130MB

 テラバイト級のハードディスクがある現状からすると、もっと画質を上げてサイズを増やすこともできる。
 だがタブレットのような携帯機器で読むことを考えると、ストレージ容量に限度があるのである程度抑えたい。サイズが大きいと携帯機器への転送にかかる時間も延びる。

 Kindleなどで販売されている少年ジャンプ単行本の電子書籍は、1冊30〜50MBらしい(最近はもっと増えてるかも)。自炊した場合に比べて低画質なことが伺える。
 低画質な電子書籍を紙の本の8〜9割程度の値段で売っているわけだが、消費者は解像度とJPEGノイズのことなんてわからないとタカをくくっているのだろう。一方で4Kとか8Kとか高解像度の商品が売りにされているのはおかしい気がするが。

posted by 葛 at 22:01 | Comment(0) | 自炊(電子書籍)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]