2017年06月22日

毎日新聞は誤報を認めない三流マスコミ

 〔約1300文字|読了の目安:2.6分〕

 これは、

 ・毎日新聞は、誤報をしても謝罪どころか認めもしない
 ・柳田邦男・玉木明・田島泰彦・吉永みち子、の批評家としての生命は死んでいるも同然

 という内容の記事です。

誤報を認めない毎日新聞

 2008年5月26日、毎日新聞の朝刊1面にこのような記事が掲載された。

 北朝鮮・拉致問題:横田めぐみさん「94年6月後も生存」「4月自殺」説明と矛盾

(電子版)

 北朝鮮拉致被害者の横田めぐみさんについて、帰国した被害者の地村富貴恵さんが「94年6月後に生存していた」と当局に証言したという内容。

 しかし同じ日の記者会見で町村官房長官がそれを否定。

 また同じ日に地村さん本人も「そのような証言をした事実はなく〜」と否定。

 これらの否定について、毎日新聞はただ報じるだけで自社の見解は示さず。この件についてその後、黙殺している。

−−

 マスコミは報道をするにあたって、その証拠を十分に示さないことが多い。取材源の秘匿といった理由のためだ。だからこそ報道内容に誤りがあればすぐに訂正し、報道の信頼性を保たねばならない。

 しかし毎日新聞は、このような大誤報をしても、謝罪はおろか誤報を認めもしない。自ら自社の報道の信頼性を下げている。つまり毎日新聞は信頼できない。

柳田邦男・玉木明・田島泰彦・吉永みち子は毎日新聞と癒着している

 当時、毎日新聞は「開かれた新聞」と称して、外部有識者に紙面を評価してもらっていた。
 その外部有識者が、

 ・柳田邦男(作家)
 ・玉木明(フリージャーナリスト)
 ・田島泰彦(上智大教授)
 ・吉永みち子(ノンフィクション作家)

 の4名。

 そこでこの誤報はどう取り扱われたか。
 まったく取り扱われなかった。

 誤報後の6月7日に掲載された「開かれた新聞」での題目は、四川大地震・裁判員制度・光母子殺害事件・映画「靖国」、のみ。

 拉致問題の記事の存在自体が無視された。

 本来は、公平で客観的な立場から批評するための外部有識者のはずだ。ところがこの4名は、毎日新聞にとって都合の悪い誤報については、おそらく毎日新聞の意を汲んで無視した。
 誤報を取り上げようとして毎日新聞に拒否されたのなら、「ではこの仕事は降りる」と言うべきだ。そのための外部の人間なのだから。それをしなかったのは、毎日新聞からの謝礼がよほど高額だとかいった理由だろう。

 毎日新聞も、本当に客観的な批評をしてもらおうなどとは考えておらず、ただ著名人に批評してもらう振りを装うことで紙面に箔をつけたいだけ、ということがわかる。

 公平な批評より依頼者の意を汲むことを優先したことで、この4名の批評家としての生命はこのとき終わった。今後一切、他人を批判する資格はない。

 ところが柳田邦男は今でも毎日新聞と仕事をしており、こんなことを書いている。

 官僚が総理を忖度した問題について、毎日新聞を忖度した柳田邦男にそれを語る資格があるのだろうか。

 著名人の立場を利用して大新聞社という権威と癒着し、依頼者にとって都合のいい仕事をすることで賄賂に等しい報酬をもらっているという点で、汚職政治家や天下り役人と変わらない。
 国家という権力を批判するためのマスコミもまた権威であり、腐敗している。権威が腐敗するのはどの業界でも共通のようだ。

posted by 葛 at 19:09 | Comment(0) | 語ってみた
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]