2016年11月07日

スキャナーで縦に伸びるので補正する

 スキャナーで原稿を読み取ると、縦に伸びるらしい(縦というのはもちろん辺の長い方)

フラットベッドスキャナー(平らなタイプ)

 フラットベッドスキャナー、CanoScan Lide 210 で B5 用紙をスキャンして長さを測ったところ、縦に 1.003倍伸びた。なので、

 縦の解像度を 0.997倍(99.7%)にすると正しい比率になる。

 Lide 210 は CanoScan の1世代前の機種なので、おそらく現行の Lide 220 でも直っていないだろう。スキャナ付属のソフトウェアで画像補整するようにすれば直りそうなもんだけど。

ドキュメントスキャナー(紙送りするタイプ)

 ドキュメントスキャナーについては、ScanSnap iX500A で試すと、もっと縦に伸びる。0.993 倍くらいにする必要がある感じ。

 さらに全体が少し歪んでいる印象がある。紙を送りながら読み取るので、その辺の精度は高くないんだろう。

余談

 さらに iX500A は読み取り時に勝手に色を補正するため、色がやや不正確でもある。
 Lide 210 はまったく無補正で原稿を読み取れるし、画像調整機能も豊富。

 大事な原稿を読み取るときはフラットベッドスキャナーの方が良い。

posted by 葛 at 22:42 | Comment(0) | その他2Dグラフィック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。