2016年01月09日

3Dモデルつき人体寸法データベース

 ここで各地の人体寸法のデータベースへのリンクが紹介されていて
 https://www.dh.aist.go.jp/database/properties/s/index.html

 産業技術総合研究所の2003年のデータで、日本人青年の3Dスキャンモデルが配布されている。
 https://www.dh.aist.go.jp/database/fbodyDB/

 エクセルデータがあるのは知っていたけど、3Dモデルまで配布されているのは知らなかった。便利な時代になったものだ。

 産業技術総合研究所は過去のデータも配布しているけど、年によって計測項目が違う。
 過去のデータでしか計測されていない箇所もあるので、すべてダウンロードしておいた方がいい。

−−

 ここに1975,1977年のだけどアメリカ人のデータがある([1977]をクリック)。
 http://ovrt.nist.gov/projects/anthrokids/

 同身長の日本人とアメリカ人で、プロポーションはどう違うんだろうと思って比較してみたら

●アメリカ人は日本人より(男:177cm/女:163cmの場合)
・男は肩の位置が3cm高い(女は同じ)
・脚が2〜4cm長い
・膝の高さは同じ
・男は上腕が2cm長い(女は同じ)
・男は前腕が1.5cm長い(女は同じ)
・鎖骨の幅は同じ
・わきの幅が1.5〜2cm狭い
・頭部の高さが1〜2cm低い
・頭部の奥行きが0〜1cm広い
・頭部の幅が5mmほど狭い

 という感じのようだ。

 頭が小さくて手足が長く見えるのは、身長が高いだけじゃなくてプロポーションの違いでもそうなっているんだな。

 鎖骨の幅が同じなのに わきの幅が狭いのは変な気がするので、計測方法の違いによる差かもしれない。

−−

 ただこれらは体表上の寸法なので、関節の位置がわかりづらい。
 ボーンを入れる上で関節の位置が知りたいんだけど、推測するしかない。

 今まで上腕と前腕は同じ長さだと思っていたんだけど、上腕の方が少し長いようだ。前腕は上腕の85%くらいかな。

 股関節の位置がわかりづらくていつも苦労する。
 大腿と下腿はほぼ同じ長さのようだけど、若干大腿の方が長い人もいるような? でもその場合でも下腿は大腿の97%くらいなので、同じとしても問題ないか。

 産業技術総合研究所の1991-92年のデータとアメリカ人のデータに、鎖骨の幅がある。
 男は女より肩幅が広いと言われる。それは筋肉のせいじゃないのかと思っていたけど、これを見ると確かに3.8cm広かった。

posted by 葛 at 20:34 | Comment(0) | その他3Dグラフィック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]