2017年11月08日

生活環境の汚れ検査

 東急ハンズでこんな物を見つけた。

 よく「キーボードは便器より細菌が多い」だの「硬貨を触ったら手を洗え/実はそんなに汚くない」だの「図書館の本は汚いから消毒する/それは過剰反応だ、本が傷む」だのといわれるが、その根拠が薄弱なことが多い。
 なのでこれで調べてみよう。

 ただよく見ると、これは細菌の数を検査するものではなく、タンパク質を検出するものだった。タンパク質に反応して緑色になる。
 タンパク質、つまり皮脂などが残っていると細菌が繁殖するから汚いという理屈だ。
 細菌に反応する試薬というのは難しいのだろうか。

台所のシンク

 一般家庭の台所のシンク。

 少し汚れている。

台所の床

 一般家庭の台所の床。

 とてもきれいじゃないか。シンクの方が汚い。
 シンクでは調理をするので、タンパク質が残りやすいようだ。

公園のトイレ

 大本命だが、尿にタンパク質はあまり含まれないらしいので、大したことはないかも。
 放尿する所ではなく、便器の外側を拭き取る。

 めっちゃ汚い。期待を裏切らない結果。
 この大量のタンパク質はどこから来たのだろうか。

キーボード

 便器より細菌が多いといわれるキーボード。
 ホコリも多かった。

 便器より多いとまではいかないが、便器に迫る勢い。
 今回は公衆便所と比較したが、普段から掃除されている住宅の便器と比べたら、キーボードの方が汚いかも。
 先っぽしか色が変わってないが、これは主にキーの間に綿棒を差し込んだため。

硬貨

 「汚い」の代名詞みたいなお金だが(二重の意味で)、ネット上には「それほど汚くない」説が見られる。実際はどうなのか。

 黒くなっているのは綿棒でこすった時点でついたもの。緑色になっていないため、タンパク質はほぼない。
 タンパク質が少ないので細菌も少ないかもしれないが、それ以外の汚れがあるので「汚くない」とはいい切れない。それ以外の汚れが何なのかは不明。

図書館の本

 複数の本の表紙をこすった。

 タンパク質汚れは少し。
 こすった時点で少し黒くなったので、それ以外の汚れも少しある。
 少々汚れている、といったところ。

まとめ

 タンパク質で汚れている順番[汚い>きれい]
 [公園のトイレ>キーボード>図書館の本=台所のシンク>硬貨>台所の床]

 日常触れるものとしては、キーボードの汚さが噂通りの結果。これからは「硬貨/図書館の本に触ったら手を洗いなさい」と言うよりも強く「キーボードに触ったら手を洗いなさい」と言わねばなるまい。

 ここでいう「汚れ」とはあくまでタンパク質(目に見えない、細菌が繁殖しやすい)のことであって、それ以外の汚れは考慮されていない。
 しかし日頃「汚い」と言うとき、タンパク質(細菌)だけを指すわけではない。硬貨や図書館の本のように拭いたら黒くなったり、臭いがついたりするなら「汚い」といえる。だから「硬貨や図書館の本が汚い」という言説は間違っているとはいえない。

 「汚い」という概念は主観が混じるもので、細菌の数だけで測れるものではない、という話がここに書かれている。
 セイケツなお話 - オールザットウルトラ科学

posted by 葛 at 20:25 | Comment(0) | 語ってみた

2017年11月04日

[名台詞集] トーキング・ヘッド

「仕事の話、しましょうか」

「その名刺は、いわば映画への片道切符でして……帰りは自力でというのが映画のルールですから、ひとつ、よろしく」

「もうひと通りのことは終わって、これから何かが始まるとか、新たな展開があるとか、誰も思っとりません」

「どいつもこいつも、始まったものは必ず終わると思ってやがる(……)一個終わらせるためには、もう一度始めなけりゃならないってんだ」

「映画にあらかじめ存在するルールなんてない、だって、作られた作品がそのままルールになるのが映画なんだから」

「物語の器としての映画ではなく、映画という物語をいかに忠実に語るかが問われていると」

「映画のラストはハッピーエンドでなければならないと?」
「終わることができれば、何でもハッピーだと思いますが?」

「いずれフィルムは変色し、摩滅し、燃えて溶けてなくなる」

「映画制作ってのは犯罪と同じだ。どう巧妙にカモフラージュしても、その手口や計画から動機が割れる。制作意図って奴がな」

「映画評論家には二種類の人間しかいない」
「アニメが嫌いな評論家と、そうでない評論家」
「アニメを観ない評論家と観る評論家だ!」

「語られた映画とは実は常に映画の記憶のことでしかない。指し示すことはおろか引用すらできず、語ろうとするときには提示することも不可能で、しかも他者との共時的体験すらない個的な経験、それが映画を観るという行為の実相だ」

「意味ありげに最後まで残ったお前のその存在自体がリテイクだ。一遍生まれ直してもらおうか」


 トーキング・ヘッド - ウィキペディア
 バンダイチャンネルで配信中

posted by 葛 at 13:47 | Comment(0) | 名台詞集

2017年10月25日

OruxMaps で OpenStreetMap Mapnik がダウンロードできない件

 Android のオフライン用地図ソフトとして OruxMaps を使っていたのだが、バージョン7から OpenStreetMap Mapnik(一番使い勝手のいい地図)がダウンロードできなくなった。
 「地図作成器」を押すと、

このマップは所有者の制限のためダウンロードできません;別の地図ソースを選択するか、地図セレクタービューに移動してをクリックしてください。'+'ボタンを押してください。

 と表示される。
 バグかと思っていたが一向に直らない。検索してもまったく情報が出てこない。

 そんなうちに、OpenStreetMap がサーバーの負荷のため一部のアプリをブロックしていると知った。
 http://wiki.openstreetmap.org/wiki/Blocked_applications
 OruxMaps はここに載っていないが、ブロックされるようになった可能性がある。

 これからオフライン地図ソフトは MAPS.ME を使うことになりそうだ。KMZ(お気に入り)のアイコンが表示されないのと、電池の消費が速いのが難点だが。
 まあ OruxMaps のオフライン地図はダウンロードにかなり手間がかかったし、位置もずれるので、使い勝手は良くはなかった。

posted by 葛 at 20:07 | Comment(0) | フリー/シェアウェア